ツムツムR2-D2のスキルの強さ・高得点のコツ

Screenshot_2015-12-01-00-11-17 - コピー

入手方法 プレミアムBOX
スキル デンゲキにそってツムを消すよ!
発動条件 R2-D2を15コ消去
レベル上限 初期レベル(Lv.1) 最大レベル(Lv.6)
効果範囲
(変化数)
範囲
SSサイズ
範囲
3Lサイズ
ツムスコア 90 972
備考
強さ  ★★★★☆ 5段階中4
レア度 ★★★★☆ 5段階中4

メニュー

R2-D2のスキル

スキル:デンゲキにそってツムを消すよ!

Screenshot_2015-12-01-00-18-33 Screenshot_2015-12-01-00-19-03
スキルを使うと、中心から三方向(左右上)に向かって電撃が走りツムを消してくれます!
スキル説明は「電撃にそって・・・」となっていますが、要は直接消去系のスキルですね!!

R2-D2とライバルを比較した結果

R2-D2は簡単に言えば・・・

最大スキルレベルになると30個近く消せる
スキル発動に必要な消去数は15個

というツムです。

これとほぼ一緒の性能を持っているのは、オラフベルです。
Screenshot_2015-12-01-00-19-03 naname tmb0301_06
※左から、R2-D2、オラフ、ベル。消去範囲、スキルコストともに同じクラス。
R2-D2 オラフ ベル
スキル効果範囲
スキル発動に必要な消去数 15 15 15
最大ツムスコア 972 1109 864
R2-D2は、初期のころから消去範囲が広く、最大スコアも平均的
オラフは、高レベルになると消去範囲がぐっと広がり最大スコアは高め
ベルは、初期のころから消去範囲が広いが、ツムスコアは低め

初期のころから範囲が広いと言う意味ではベルとそっくりです。
そう考えると真のライバルはベルですが・・・

〇R2-D2の方が最大ツムスコアが高い
×R2-D2は期間限定配信なのでスキルレベル上げが困難

という差があります。
つまり、スペック上はR2-D2の方が恵まれているが、レベルの上げやすさはベルの方が上ということになります。

R2-D2の不幸はルークと同時配信だったということ

R2-D2は決して弱いツムではありません。
ところが同時配信のルークが非常に強く、どうしてもR2-D2が地味に感じます。
スキルコストは15個と一緒なのに、あちらの方がスキルの効果範囲が広く、初期ツムスコアもスコアの上がり幅も上です。

R2-D2とルーク、どちらを育てるべきかといわれたらルークというのがR2-D2の不幸なところではないでしょうか。

R2-D2のスキルレベルごとの変化

スキルLv1 SSサイズ
(画面上のツムを19~22個消去)
スキルLv2 Sサイズ
(画面上のツムを21~24消去)
スキルLv3 Mサイズ
(画面上のツムを23~26個消去)
スキルLv4 Lサイズ
(画面上のツムを25~28個消去)
スキルLv5 LLサイズ
(画面上のツムを27~29個消去)
スキルLv6 3Lサイズ
(画面上のツムを28~31個消去)

スキルレベルアップの必要ツム数

R2-D2のスキルレベルの上げ方と必要ツム数
レベル1から2 1個
レベル2から3 2個
レベル3から4 4個
レベル4から5 7個
レベル5から6 調査中(推定21個)
 

スキルの発動条件

スキル発動条件は15個。
消去範囲を考えると妥当な部類で、消去範囲的にも条件的にも、、オラフベルと同等です

R2-D2のツムスコア

R2-D2の初期スコアは、ツムレベル1だと90。
しかもそこからツムレベル1あがるごとにスコアが18点上昇し、最大で972点まで上昇します。
ツムレベル1のとき 90
ツムレベル5のとき 162
ツムレベル10のとき 252
ツムレベル20のとき 432
ツムレベル30のとき 612
ツムレベル40のとき 792
ツムレベル50のとき 972
スコア的には最大値が1000点に届いていないので、若干弱弱しく感じますが、ほぼ1000点です。そう考えればごく平均的なスコアですね。

↑メニューに戻る

R2-D2で高得点を取るコツ

スキル説明がデンゲキにそってツムを消すよ!となっているので少し特殊に感じますが、「〇〇状にツムを消すよ!」と内容はそれほど変わりません。
使い勝手もシンプルなので「フィーバー中に何回スキルを発動できるか」に掛かっているツムです。

R2-D2で高得点をとる流れ

R2-D2で高得点を狙うなら以下のポイントを抑えましょう。

・スキル発動はフィーバー中
・出来れば一度のフィーバー中に複数回スキルを発動させる
・スキルで発生したボムなどはある程度残し、フィーバーが終了した後に使う(そうすればフィーバーゲージを素早く再チャージできる)

これさえおさえておけば、R2-D2で高得点を狙えます!!
↑メニューに戻る

総合評価

・スキルの使いやすさ ★★★★☆

スキルレベル1から割と効果範囲が広く、使いやすいツム。
アリエルやベルと同価値と言っても良いと思います。

・ツムスキル上げ優先度 ★★★★☆
スキルの成長率はごく普通なので、あげればあげるほど強くなります。
マイツムとして考えているならどんどん上げていきましょう。

・ツムレベル上げ優先度  ★★★☆☆
ツムスコアはギリギリ1000点に及ばない程度なのでコチラもごく普通。
無理してあげる必要はないですが、上げておいて損はありません。

・レア度  ★★★★☆

期間限定配信のツムなのでそれ以外では入手できないのがネック。
スキルレベルを上げたいなら、配信中に集中してゲットする必要があります。


総合評価は★5段階中★4個


R2-D2はシンプルで使いやすく、癖のないツムです。
高得点も狙えますし、最初からスキルの効果範囲に恵まれているので、それなりに優秀なツムです。

R2-D2ってどんなキャラ?ディズニー豆知識

「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」トレーラー

R2-D2はジョージ・ルーカス製作指揮のスターウォーズ(STAR WARS)シリーズに登場するロボット(ドロイド)です。
R2という愛称でも親しまれており、スターウォーズのマスコットキャラクター的な存在です。
英数字が並ぶ意味深な名前の由来ですが、『アメリカン・グラフィティ』という作品に登場する「2番目のリールの2番目の対話テープ」という語感を、ルーカス監督が気に入ったからだとか!
映画に登場するキャラクターでも1、2を争う有名キャラクターの名前が、ひらめきでつけられた名前というのはけっこう驚きですね(笑)
作中に登場するR2はぱっと見ですと、ピコピコと言うばかりのiPhoneのSiriよりも低い会話力のロボットにみえますが、実はかなりの有能ロボで宇宙船の操縦からハッキングまで高度な電子頭脳でなんでもこなします。
ただ、言語が喋れないのでいつも一緒にいる金色のドロイドC-3POが翻訳役を務めています。
喧嘩するほど仲がいいのか、この2体はよく喧嘩しています(C-3PO曰くけっこうな毒舌家のようです)
ピコピコいいながらC-3POと言い争う場面は映画でも、非常にコミカルに描かれています。

R2-D2_41dacaa9

このR2の離すピコピコ音ですが、これにも由来があって、スタッフが冗談で話していた赤ちゃん言葉にヒントを経て、シンセサイザーと赤ちゃん言葉が融合したR2語(?)が誕生したそうなんです。
R2はドロイドでありながら、よくきくとピコピコ音の音程や身振りで感情表現しています、作中の彼が何を表現しているのか観察してみるのも面白いかも!
ちなみに、R2が初登場した「エピソード4・新たなる希望」ではケニー・ベイカーという方が直接中に入って操作していたんですが、「エピソード5・帝国の逆襲」以降は一部の場面を除いて、全てラジコン操作になっているようです。
中の人入りのR2との動きの違いを比較してみてみるのも、新しい見方ができて楽しそうですよね(笑)
人気アニメ『ドラえもん のび太の宇宙小戦争』でも「R3-D3」というパロディキャラがでているので、機会があればぜひ見比べてみてください♪
↑メニューに戻る

公開日:2015年11月30日
更新日:

この記事をSNSでシェア

★サイトマップ

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。


※コメントは承認制のため、反映まで少し時間がかかります。

頂いたコメント

  1. よしよし

    R2-D2、使い方がよくわからないです。。
    教えてください。

    電撃が走っても、画面を触らなかったらまったくツムが消されません。
    そういった記述はまったくないですが、触らなくても消えますか?


    電撃に沿うように触っても連打しても、
    ツムが消えるときと消えないときがあったり、
    消去数にかなり差があったりと、
    消せるコツが何度やってもよく分かりません。。。

    返信
    1. 管理人 投稿作成者

      よしよしさん、コメントありがとうございます!
      通常はスキル発動後に画面を触れなくても一気に消去されるので、もしかしたらバグかもしれませんね。
      アップデートやアプリ再起動をしても解決しない場合は、運営にお問い合わせしてみてください。

      返信
      1. よしよし

        返信おくれてすみません。ご回答ありがとうございます。

        触らなくても消えるんですね!バグかな。。。
        ありがとうございました。

        返信

ホーム RSS購読 サイトマップ お問い合わせ