ツムツムモカ登場!お絵描きスキルで高得点を取るコツ

Screenshot_2016-01-09-11-22-51

入手方法 プレミアムBOX
スキル 描いた絵にそってツムを消すよ!
発動条件 モカを15コ消去
レベル上限 初期レベル(Lv.1) 最大レベル(Lv.6)
効果範囲
(変化数)
【範囲】
SSサイズ
【範囲】
3Lサイズ
ツムスコア 160 748
備考 【備考内容】
強さ  ★★★★☆ 5段階中4
レア度 ★★★★☆ 5段階中4

ユニベアシリーズから登場するモカ。
ユニベアはミッキー&フレンズが自分たちに似せて作ったぬいぐるみたちで、モカはミッキーが作ったものです!

だから耳とかネクタイが似ているんですね。
ただミッキーに似ているだけでミッキーツムではないのでご注意を!

メニュー


モカのスキル

スキル:描いた絵にそってツムを消すよ!

Screenshot_2016-01-09-11-16-47
スキルを発動すると「マネして描いてね!」と表示されるとともにお手本が表示され・・・

Screenshot_2016-01-09-11-08-49
正解が消えます!

先ほどの正解とそっくりに絵をかくと正解すればかなり広い範囲で消え、間違えるとほとんど消えません。
Screenshot_2016-01-09-11-15-04 Screenshot_2016-01-09-11-10-17
・正解すれぱ「パーフェクト!」と表示され大量に消える ・あまりあっていないとほとんど消えない
判定はかなりシビアなので、何回もプレイして常に正解を叩き出せるように練習しないといけませんね!

一手間掛かる分、低スキルレベルでも消去範囲は割と広めなので、慣れれば扱いやすいツムかと思います!

お手本のパターンについて

Screenshot_2016-01-09-11-09-14 Screenshot_2016-01-09-11-16-47 Screenshot_2016-01-09-11-09-37
お手本のパターンは現在確認出来ている範囲で3つ。
(もしこのほかにもパターンがあるのならば、判明次第おしらせします!)

難易度的には、ミッキーのズボンやミッキーマークはそこまで難しくないですが、ミッキーの手だけはちょっと難しいですね。。

ただ、お手本の位置は毎回同じなので、慣れれば確実にクリアできるかと思います。

お絵描きのコツ

押さえておくポイントは以下の通り

お絵かきの制限時間は4~5秒程度

スキル効果中は時間が止まっている

まず、制限時間が4~5秒もあり、スキル効果中は時間が止まっているので、慣れないうちは少しゆっくり目に正確に描いていきましょう。

不正解の場合は殆ど消えないので、最初のうちは戸惑うかもしれません。

一筆書きをする必要はない

必ず一筆書きをする必要はないですが、内容的には一筆書き出来るレベルなので、一回で描いてしまった方が楽かも。

「ズボン」や「手」の中央部分は描かなくていい

Screenshot_2016-01-09-11-09-14 - コピー Screenshot_2016-01-09-11-16-47 - コピー
・若干暗く描かれている部分は、描かなくてOK!
ズボンや手で中央に灰色で抱えている模様は書かなくて大丈夫。
周りの図形を模写する事に集中しましょう!

正確に描くには、タッチペンが断然有利!

 

pen
出典:amazon

指で描く場合は、慣れるまでいまいちコツがつかみにくいです。。

ところがタッチペンならかなり正確に描けるので、モカを主力に使うつもりなら必須アイテムかもしれません。

ツムツム初(?)のリアルアイテムが必要なスキルです(笑)

モカのスキルは他と比べて強いのか

モカのスキルは、お絵かきが成功したと仮定した場合、多少の範囲のズレはあれど下記のような特徴を持つスキルを持つと言っても良いでしょう。

・中央部分をまとめて消去する
・スキルコストは15
・スキルレベル1から20個以上消せる

スキルコスト15で中央部分を消せるスキルと言うと、ウッディベルに近いですね。
モカ ウッディ ベル
スキルレベル1での効果範囲 22個程度 15個程度 19個程度
全体的に見たスキル範囲の広さ 特大
レベル50時のツムスコア 748 805 864
ツムスコアで考えるとモカは最低レベルですが、消去範囲的にみればかなり広く、性能は高め。

お絵描きさえ上手く出来れば、かなり強いツムなのではないでしょうか!

逆に言うと、最大のネックはお絵描きです。

モカのスキルレベルごとの変化

スキルLv1 SSサイズ
(画面上のツムを21~23個消去)
スキルLv2 Sサイズ
(画面上のツムを24~26消去)
スキルLv3 Mサイズ
(画面上のツムを25~28個消去)
スキルLv4 Lサイズ
(画面上のツムを26~30個消去)
スキルLv5 2Lサイズ
(画面上のツムを28~31個消去)
スキルLv6 3Lサイズ
(画面上のツムを30~34個消去)

スキルレベルアップの必要ツム数

モカのスキルレベルの上げ方と必要ツム数
レベル1から2 1個
レベル2から3 2個
レベル3から4 4個
レベル4から5 8個
レベル5から6 16個
スキルレベルの上がり方は、ベル以降に登場しているプレミアムツムと共通しており、早熟型。スキルレベル3までは育ちやすく、5以降にするのが大変です!

スキルの発動条件

スキルの発動条件は15個。
消去範囲を考えると妥当なレベルで、強いと言っても良いくらい。
ただ、お絵かきの手間を考えると・・・14個でも良かったかも。

モカのツムスコア

モカの初期スコアは、ツムレベル1だと160。
しかもそこからツムレベル1あがるごとにスコアが12点上昇し、最大で748点まで上昇します。
ツムレベル1のとき 160
ツムレベル5のとき 208
ツムレベル10のとき 268
ツムレベル20のとき 388
ツムレベル30のとき 508
ツムレベル40のとき 628
ツムレベル50のとき 748
最大でも800点いかない事を考えるとツムスコアにはあまり恵まれていません。
ただ、マイツムとして使う場合は、上げていく必要があるでしょう。

↑メニューに戻る

モカで高得点を取るコツ

モカで高得点を取るにはまず、お絵かきをマスターしないといけません。
正解(パーフェクト)か不正解かの判定は厳しいので、安定して正解を出すためには、タッチペンを用意した方が良いかも。

いずれにしてもお絵描きを毎回成功できるくらいに練習するのが第一歩です。

モカで高得点をとる流れ

お絵描きが上手に出来るようになったのなら、使い方は「〇〇状にツムを消すよ!」系のスキルと一緒。

なるべく、最後までコンボを途切れさせず、フィーバー中にスキルを発動させることが大事。

出来れば、1度のフィーバーで複数回スキルを発動させたいところですね!!

↑メニューに戻る

総合評価

・スキルの使いやすさ ★★★☆☆
範囲はかなり広いのですが、お絵かきがとにかく大変。
上手にお絵描きできるようになるまで、効果範囲が安定しないため、やりこみが重要になります。

・ツムスキル上げ優先度 ★★★☆☆

お絵描きが成功する前提であれば、かなり強いツムなので、育てる価値はあります!

・ツムレベル上げ優先度 ★★☆☆☆

ツムスコアは低いのでサブツムとしての活躍は微妙。
ただし、マイツムとして使う場合は出来るだけ育てておいた方が良いです。

・レア度  ★★★★☆

それなりに強いツムのためか、確率アップキャンペーン以外での当選確率はやや低め。
スキルレベル上昇による成長率は平均的なため、マイツムとしてかんがえているなら、少しでも高いレベルに育てていくべきでしょう。


総合評価は★5段階中★4個


お絵描き部分を大変と思うか、楽しいと思うかは人それぞれかと思いますが、上手にできる前提であればかなり強いツムだと思います。

ツムスコアがひくいのは少々残念ですが、スキルレベル1でも20個以上消せるため、得点力が高いだけでなくコイン稼ぎにも割と向いている方です。

モカってどんなキャラ?ディズニー豆知識

UniBEARsityストーリークリップ★ディズニーストア

ディズニー・ストア・ジャパン発のショートストーリー「ユニベアシティー(UniBEARsity)」にモカは登場します。総称でユニベアとも呼ばれおり、見た目はクマのぬいぐるみ。
あまり聞かない名前ですが、2015年1月で4周年目になるユニベアは実在するクマのぬいぐるみで、実物はディズニーストアで買うことができます♪
これはディズニー・ストアのみ取り扱うシリーズのようで、ディズニーランドやディズニーシーでの取り扱いはまだないようです。
2015年11月に開催されたディズニーイベント「D23 EXPO Japan 2015」では、ファンタジアミッキーとユニベアの激レアコラボグッズや、LINEツムツムにも登場して徐々に展開範囲を広げているので、今後もっと知名度が上がればテーマパークに登場する可能性もあるかも・・・!?

このクマのぬいぐるみ達がどうしてLINEツムツムに登場するの?と思われてしまうかもしれませんが、このユニベア達はミッキーを始めとした、ディズニーキャラクター達に深い繋がりがあるんです!
ユニベア誕生の経緯は以下の通り・・・

ディズニー・ストア・ジャパンのオリジナルストーリー、ディズニーユニバーシティー (Disney University)という、クマがマスコットの大学に、ミッキーを始めとしたディズニーキャラクター達が通っていました。
そこでルードヴィッヒ・フォン・ドレイク教授がだした宿題は、大学のマスコットであるクマについてお話を書いてくるように・・・というもの。
生徒であるミッキー達は、みんなで集まってクマのお話を考えていたのですが、お話だけではなく、せっかくならぬいぐるみも作ろうという流れから、それぞれがクマのぬいぐるみを作りました。
こうして誕生したのが「ユニベア」というわけです♪

名前はモカという茶色のこのクマのぬいぐるみは、ミッキーが大学の宿題で作ったぬいぐるみですが、魔法がかかっていて実は動くことができます。
このことはミッキー達には内緒にしており、普段はただのぬいぐるみの振りをして過ごしているようです。
ただし、ミッキーが通う大学の教授はユニベア達に授業を教えた事があり、彼だけはユニベアの秘密を知っています。
ミニーが作ったプリンとは仲良しで、いつもペアで登場する事が多いようですね♪

ユニベア達の物語は誕生秘話のほかにも、ミッキー達とピクニックにいったり、誕生日をお祝いしたり・・・といった数々の可愛らしいオリジナルストーリーが配信されています。
ミッキーやミニーといったおなじみのミッキーフレンズの他にも、不思議の国のアリスやモンスターズインクのユニベアのお話もあったりして、ジャンルはミッキーマウスだけに限らず幅広いです。
これら「UniBEARsity」のオリジナルのショートストーリーはディズニー・ストア・ジャパンの公式HPか、ディズニーの公式youtubeチャンネルで視聴ことができます。
普段とは違ったディズニーの物語をぜひチェックしてみてくださいね♪

↑メニューに戻る

公開日:2015年12月18日
更新日:

この記事をSNSでシェア

★サイトマップ

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。


※コメントは承認制のため、反映まで少し時間がかかります。

頂いたコメント

  1. yasu

    スキル発動でミッキーのスボンの絵になった場合、
    四角(長方形の横長)を書いたら「パーフェクト!!」が出ますよ

    返信

ホーム RSS購読 サイトマップ お問い合わせ