ツムツムと相性が良いゲーム用保護シートの選び方!フィルム・強化ガラスの違い

filmjitubutu12


ツムツム(tsumtsum)を快適にプレイしたり、高得点を目指すには液晶保護シート(フィルムや強化ガラス)の選択はかなり重要です!
滑りが良いタイプを選べば、ほとんど抵抗なく素早く指を動かせるので、ツムとツムをスムーズに繋げられるだけでなく、「指が乾燥していて、全く滑らない」「ツムツムをやりすぎて指が痛い」という問題もかなり解決できます!

そこで今回は液晶保護フィルムと強化ガラスの違いや、ゲームに最適なフィルムの選び方やポイントを説明したいと思います。

≫iPhoneに一番適したシート比較はこちら!
≫Androidに一番適したシート比較はこちら!


保護シートの種類

液晶保護シートには、大きく分けて

・フィルム(薄くて柔らかいフィルム状)
・強化ガラス(厚みがあり固いガラスシート)


の2つのタイプがあります。

それぞれの特徴を解説していきますね。

液晶保護フィルムの特徴と選び方

まず、液晶保護フィルムの特徴は以下の通り。

メリット
・素材はPETと呼ばれるペットボトルに使うような素材
・ペラペラで柔軟(フィルムが割れる事は無い)
・比較的価格が安い
・光沢タイプやさらさらタイプ(非光沢のマットタイプ)など選択肢が多い
・素材が薄い(スマホのタッチ感度が殆ど変らない)

デメリット
・張るときに気泡が入りやすくコツがいる
・傷防止にはなるが、強度の補強効果は強化ガラスにくらべかなり劣る
・サラサラなタイプほど、画面の透明度が落ちる

液晶保護フィルムは、実売価格が500円~1000円程度なので手に入れやすく、選択肢の幅も広いのが最大のメリット。さらさらタイプ(アンチグレア・マットタイプ)か、光沢タイプ(グレア)を選ぶかで特徴がかなり変わります。

さらさらタイプ【アンチグレア【非光沢】タイプ・マットタイプ】

画面をとにかくすべりやすくしたいならさらさらタイプがおすすめ。

さらさらになるほど、非光沢(アンチグレア)で透明度が落ちていきますが、指の滑りは最高。指紋も付きにくく、光の映り込みもほどんどありませんし、透明度が低い分、画面からの光が柔らかいので目にも優しいです。

ツムツムをプレイしている時、指がつっかかって滑らない指が痛いのでとにかく滑らかにしたいと感じる場合は液晶保護フィルムのさらさらタイプが一番です!

ちなみに、さらさらタイプでも特にさらさらを売りにしているモデルは「スーパーさらさら」や「スマホゲーム用」と書かれている事が多いです。

光沢タイプ【グレアタイプ】

光沢タイプ(グレアタイプ)はさらさらタイプとは真逆で、指の滑りは対して改善されないかわりに、透明度が高く、画面の映りがとても綺麗で、指紋が付きやすく、光の映り込みも激しいです。

ゲーム向きとはいえませんが、普段タッチペンを使っていたり、指は元々よく滑るので画面の傷をカバーできる程度で良いと考えている場合はコチラの方が良いです。

理由は透明度が高い分視認性が高いから。
視認性が高ければ、ツムの配置を判断する速度も全く落ちません。

強化ガラスの特徴と選び方

強化ガラスの特徴は以下の通り

メリット
強度がとても高い
・傷がつきにくい

透明度がとても高い
何も張らないよりは滑る
・気泡が入りにくく、取り付けがとても簡単

デメリット
値段が比較的高い
・素材は硬いが、ガラスなので割れることもある
(特殊なガラスなので破片が飛び散る事はほぼ無い)
・種類があまりなく、特徴はどれも似ている
・素材が厚くなりやすく、質が悪いと厚すぎてケースに入らなかったり、タッチ感度が鈍くなる

強化ガラスはとにかく透明度が高く発色が良いので綺麗です。
またスマホ画面を強力に補強できるし、何も張らないよりは滑ります。
また素材が堅いためにスマホと画面の間に隙間ができにくく気泡が入らないので取り付けも簡単です。

そのかわり実売価格は1000~4000円程度とかなりお高く、液晶フィルムのさらさらタイプほどの滑りやすいタイプは無く、強い負荷をかけると割れます。また質が悪く分厚いガラスをつけると、スマホのタッチ感度が極端に悪くなるので注意が必要です。

強化ガラスの選び方

強化ガラスは液晶フィルムのように「さらさらタイプ」「光沢タイプ」といった選択肢は殆どありません。そのすべてが透明度の高いガラスなので、あえて言うならば「とても光沢があり、少し滑りやすいタイプ」しかありません。しかしそんな強化ガラスにも選ぶポイントが2あります。

硬度(H)

強化ガラスの硬度は9Hや8Hなど、Hで表現されています。
この表記方法は鉛筆のHBやHと同じ規格で、数字が大きいHほど素材が堅くメリットが大きいです。値段以外で硬度が高いことによるデメリットはありません。

現在最も堅い硬度が9Hなので、とにかくスマホを補強したいなら9Hを選びましょう。

厚さ

硝子の厚さは0.15~0.6mmほどと、製品によってかなり差があります。分厚いほど頑丈でしっかりと液晶の守れるかわりに、若干ながらスマホのタッチ感度が落ちます。

その理由はガラスの厚さの分、スマホの表面と指が離れているから。
ツムツムが遊べなくなるほどのタッチの鈍さではないですが、細かい操作に敏感な人は少し不満を感じるかも。

また分厚い分、スマホカバーの装着に難が出る場合がもあります。
分厚いガラスとケースを両方付ける場合は、スマホの表面が分厚くなっても問題のないケースを選びましょう。

ちなみに頑丈さでいえばアメリカのゴリラガラス社の強化ガラスが有名なので、製品に「ゴリラガラス使用」とかかれていれば、相当丈夫です。

逆に薄ければ薄いほど、強度が落ちる代わりにタッチ感度は低下せず、スマホケースの装着も殆ど邪魔をしません。タッチ感度はとても重要なのでゲーム主体(ツムツム主体)で考えるなら、薄い方が良いかもしれませんね。

ちなみに薄いガラスについては旭硝子(あさひがらす)社やHOYA(メガネレンズで有名な会社)のガラスが有名で、日本の多くのメーカーは薄くて丈夫なガラスの開発に尽力しています。いかにも日本企業らしい努力の仕方ですね(笑)

ちなみに薄さが売りの強化ガラスは0.15~0.25mmくらいの分厚さになっています。

傷に関しては薄くても全く問題ないので、落下による割れなどを気にする場合は、保護ケースをつけることで解決するかと思います。

注意したいのはノーブランドで素材の悪い製品

強化ガラスの素材が良くない商品は、非常に性質(たち)が悪いです。

・割れやすい
・滑らない
・タッチ感度が極端におちる
・分厚くて邪魔で重い


質の悪い強化ガラスは何もいいことが無いので、とても安価でノーブランドの場合は硬度表記や硝子の薄さを絶対に確認しましょう。とにかく値段を重視したいなら、無理して強化ガラスを買うより、質の良い液晶保護フィルムの方が効果が高いです。

結局、液晶保護フィルムと強化ガラスはどちらが良いの?

液晶保護フィルムと強化ガラスどちらがツムツムに最適かは、現在のプレイ環境、特に指の状態によります。なのでケース別にオススメのタイプをご紹介します!

とにかく指が滑らない・指が痛くなる人

液晶保護フィルムのさらさら重視タイプ(スーパーさらさら・ゲーム用などと書かれているタイプ)がオススメ。

さらさらであればあるほど透明度は落ちていきますが、ツムの見分けがつかなくなるほど透明度が落ちる事はありませんし、とにかく指がなめらかに動くので、とても快適にゲームができます。

強化ガラスタイプで液晶保護フィルムのより滑る製品は今の所存在しないので、滑りやすさを超重視するなら液晶保護フィルムのさらさらタイプ一択です!

滑りやすさと液晶の美しさを両立したい人

強化ガラスを選びましょう。
強化ガラスは液晶保護フィルムよりずっと透明度が高く何も張らないよりは滑りやすくなります。

とにかく滑りやすさが気になる方は、製品に「すべりやすい」と表記があるか確認してみると良いでしょう。強化ガラスでも強度(硬度)だけをとにかく重視した製品もありますが「すべりやすい」と書かれていれば操作性も考慮して生産されたガラスなので安心。

強化ガラスはとても発色がとてもいいので、ツムツムもするけど動画や写真も楽しむという人にもオススメです。

高品質の強化ガラスはスマホの新品が状態よりも綺麗に感じるかも。

いつでもどこでもツムツムがしたい!スマホの強度を上げたい人

こちらも強化ガラスがオススメ。
傷に対する抵抗は液晶保護フィルムにもありますが、あくまでもやわらかいフィルムなので頑丈さは殆どありません。その点強化ガラスは、とにかく堅い素材なのでスマホ画面のタフネス度を上げるのには最適

また、強化ガラスの強度はH表記の硬度と、ガラスの厚さで判別がつきます。特に硬度は重要なので、重視したい方は硬度をチェックしましょう。

現状では9Hが最も堅い硬度なので、9Hの中から更に丈夫さを売りにしている製品、できれば厚さが0.3~0.6mmほどあるタイプを選ぶと良いでしょう。

お金をあまりかけたくない人

液晶保護フィルムを選びましょう。
強化ガラスは大抵高価だし、あまりに安価な強化ガラスは正直言うと信用できません。質の悪い強化ガラスは、割れやすく、滑りにくく、分厚くて重くて、タッチの感度も悪いと良いことがないので、無理して強化ガラスを選ぶくらいなら、質の良い液晶保護フィルムを選んだ方が良いです。

あとは、滑りやすさを重視するならさらさらタイプ(非光沢、ノングレア)を選び、画面の美しさ(視認性)を重視するなら光沢タイプ(グレア)を選べば大丈夫です。

ちなみに光沢タイプより、さらさらタイプのほうがお値段が手ごろな傾向にあります。どうやら構造上光沢を出す方がお金がかかるみたいですね(笑)

 

公開日:2016年6月14日
更新日:

この記事をSNSでシェア

★サイトマップ

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。



ホーム RSS購読 サイトマップ お問い合わせ